ウォーターサーバーの比較ポイントである味

ウォーター1

ウォーターサーバーは、美味しい水をいつでも飲める冷温水器ですが、様々な会社から出ています。様々な会社から出ているため、どれを選んだら良いのか分からないというケースはよくあります。そんなときに比較ポイントの一つとなるのが、水の味です。

水の種類によって味は大きく違ってくるため、自分にあった水を選べます。

天然水とRO水の違い

ウォーター15

一般的にウォーターサーバーの水は、2種類に分けることができます。富士山などの採水地から採水された地下水である天然水を使ったものと、採取した水にRO膜処理を施した水の2種類です。天然水は、採水後にろ過・加熱殺菌などを行って不純物を排除していますが、天然のミネラルを含んでいるため美味しく感じられる水となっています。

対してRO膜処理を施したRO水は、0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターを使って不純物を除去した水になります。人間の味覚はミネラル分を感じることで美味しく感じるため、美味しさの点では劣ります。

しかし、不純物を限りなく除去しているため綺麗な純水に近い状態です。

それぞれを比較して、選ぶことが重要となります。

天然水の味の違い

美味しい水を飲みたいのであれば天然水が良いとされていますが、採水地によっても味は変わっていきます。水の美味しさの違いは水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの含有量によって変わります。採水地によって含まれるミネラルの量が変わってくるため、水の美味しさにも影響してくるのです。

このミネラルの量が少なければ軽い口当たりになって、多ければ重さを感じる味になると言われています。そのため、ミネラルの量をチェックすることで、水の味も想像がつくと考えられます。

つまり、ウォーターサーバーで天然水を選ぶ場合には、採水地とミネラルを比較してから選ぶことがポイントです。悩んでいる場合には、お試しプランを利用しみるというのもおすすめです。

無料のお試しプランを行っている会社のウォーターサーバーであれば、それぞれの使い勝手や水の味の違い、運転音、サイズ感などを知ることができます。

毎日使うものだからこそ、いろいろな部分を比較することが大切です。

ウォーターサーバーを利用するなら

ウォーター9

毎日使うものだからこそ、美味しく飲める水かどうかという比較をすることは重要です。ウォーターサーバーの中には、数種類の天然水の中から好みのものを選ぶことができるというプランを提案しているところもあります。

中には飲み比べすることができる会社もあります。採水地ごとに水の特徴は大きく異なるため、それぞれの特徴を知っておくと選びやすくなります。

関連資料⇒ウォーターサーバーの1番お得ランキング徹底比較https://water-no1.com/